「変形性膝関節症」 膝の痛みの原因はこれが多いです

変形性膝関節症は、

ご高齢の方で発症しやすい変形性疾患の一つです。

男女比は1:4で女性に多くみられ、

高齢者になるほど罹患率は高くなります。

主な症状は、膝の痛み水がたまることです。

初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれます。

しかし、進行していくと正座や階段の昇降が困難となり(中期)、

末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

変形性膝関節症の病態像

膝は太ももの骨(大腿骨)とスネの骨(けい骨)、お皿(膝蓋骨(しつがいこつ))の3つが、

曲げ伸ばしに合わせて、滑らかに動く必要があります。

しかし、何らかの原因によりこの3つの骨の位置関係がズレていると、

滑らかに動かせることができません。

その結果、膝関節にストレスが生じ続けることで、

軟骨が磨耗し痛みが生じてしまいます

もちろん肥満遺伝的要因も関与しています。

また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。

加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、

使い過ぎにより軟骨がすり減り、関節が変形します。

診断と治療

問診や診察、時に触診で膝内側の圧痛の有無、

関節の動きの範囲、腫れやO脚変形などの有無を調べ、

X線(レントゲン)検査で診断します。

必要によりMRI検査などをします。

上記の検査を神奈川脳神経外科クリニックにて行い、

AAAでは、診断・病状等踏まえ、レントゲン写真をもとに、リハビリトレーニングを行います。

AAAでのリハビリトレーニング

3つの骨が滑らかに動くことが目的ですので、

膝関節だけでなく、股関節や体幹、足部のリハビリトレーニングが必要となります。

🟢パワープレートでほぐす

膝周囲や、股関節、足首周りの硬くなっている筋肉をほぐしていきます。

🟢ストレッチマシンで股関節を柔らかくする

股関節の動きを出すことで、膝関節への負担を軽減させていきます。

🟢スリングマシンで股関節を柔らかく動かす

さらに股関節を動かしていきます。

自分で楽に動かせるかどうかがポイントになります。

🟢膝関節周囲をしっかりさせる

膝についている筋肉(大腿四頭筋)をしっかりさせていきます。

🟢パワープレートで弱いところの筋力強化をする

お一人お一人の姿勢や動きから、

弱くなっている筋肉をしっかりさせていきます。

🟢バイクで柔らかく動かせるコツを掴む

柔らかく滑らかに動かすことで、柔軟な関節運動と筋肉を作っていきます。

また、有酸素運動をし体重をコントロールすることで、

膝への負担を軽減させていきます。

🟢パーソナルケア・トレーニング

お一人ではなかなかできない運動やトレーニング、

また運動では取りきれない硬さをマンツーマンでスタッフが対応します(別途オプション)。

多くの膝関節に不安を抱えている方が通われています。

お気軽にお問い合わせください。

あああ

無料体験をご希望の方はこちら

続きを見る