「変形性膝関節症」 膝の痛みの原因はこれが多いです

変形性膝関節症は、

ご高齢の方で発症しやすい変形性疾患の一つです。

男女比は1:4で女性に多くみられ、

高齢者になるほど罹患率は高くなります。

主な症状は、膝の痛み水がたまることです。

初期では立ち上がり、歩きはじめなど動作の開始時のみに痛み、休めば痛みがとれます。

しかし、進行していくと正座や階段の昇降が困難となり(中期)、

末期になると、安静時にも痛みがとれず、変形が目立ち、膝がピンと伸びず歩行が困難になります。

変形性膝関節症の病態像

膝は太ももの骨(大腿骨)とスネの骨(けい骨)、お皿(膝蓋骨(しつがいこつ))の3つが、

曲げ伸ばしに合わせて、滑らかに動く必要があります。

しかし、何らかの原因によりこの3つの骨の位置関係がズレていると、

滑らかに動かせることができません。

その結果、膝関節にストレスが生じ続けることで、

軟骨が磨耗し痛みが生じてしまいます

もちろん肥満遺伝的要因も関与しています。

また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿性関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。

加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力性を失い、

使い過ぎにより軟骨がすり減り、関節が変形します。

診断と治療

問診や診察、時に触診で膝内側の圧痛の有無、

関節の動きの範囲、腫れやO脚変形などの有無を調べ、

X線(レントゲン)検査で診断します。

必要によりMRI検査などをします。

上記の検査を神奈川脳神経外科クリニックにて行い、

AAAでは、診断・病状等踏まえ、レントゲン写真をもとに、リハビリトレーニングを行います。

AAAでのリハビリトレーニング

3つの骨が滑らかに動くことが目的ですので、

膝関節だけでなく、股関節や体幹、足部のリハビリトレーニングが必要となります。

🟢パワープレートでほぐす

膝周囲や、股関節、足首周りの硬くなっている筋肉をほぐしていきます。

🟢ストレッチマシンで股関節を柔らかくする

股関節の動きを出すことで、膝関節への負担を軽減させていきます。

🟢スリングマシンで股関節を柔らかく動かす

さらに股関節を動かしていきます。

自分で楽に動かせるかどうかがポイントになります。

🟢膝関節周囲をしっかりさせる

膝についている筋肉(大腿四頭筋)をしっかりさせていきます。

🟢パワープレートで弱いところの筋力強化をする

お一人お一人の姿勢や動きから、

弱くなっている筋肉をしっかりさせていきます。

🟢バイクで柔らかく動かせるコツを掴む

柔らかく滑らかに動かすことで、柔軟な関節運動と筋肉を作っていきます。

また、有酸素運動をし体重をコントロールすることで、

膝への負担を軽減させていきます。

🟢パーソナルケア・トレーニング

お一人ではなかなかできない運動やトレーニング、

また運動では取りきれない硬さをマンツーマンでスタッフが対応します(別途オプション)。

多くの膝関節に不安を抱えている方が通われています。

お気軽にお問い合わせください。

あああ

無料体験をご希望の方はこちら

続きを見る

AAAは8月中も通常営業いたします

 日頃より、メディカルフィットネスAAAをご利用いただき誠にありがとうございます。

メディカルフィットネスAAAは8月中も通常営業いたします。

酷暑が続き体力が奪われる日が続きますが、みなさま水分と栄養をこまめに摂りながら

この夏を乗り切りましょう!

神奈川脳神経外科クリニックは

2022年8月10日(水)から2022年8月16日(火)まで、夏季休診となります。

大変ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いいたします。

続きを見る

「腰部脊柱管狭窄症」 腰によくおこる加齢的・経年変化

腰部脊柱管狭窄症では腰痛はあまり強くなく、

安静にしている時にはほとんど症状はありません。

しかし、背筋を伸ばして立っていたり歩いたりすると、

ふとももや膝から下に、しびれや痛みが出て歩きづらくなります

すこし前かがみになったり、腰かけたりすると

しびれや痛みは軽減されることが特徴です。

進行すると、下肢の力が落ちたり、

肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

腰部脊柱管狭窄症の病態像

加齢、仕事、あるいは背骨の病気による影響で、

変形した椎間板と、

背骨や椎間関節から突出した骨などにより、神経が圧迫されます。

脊柱管は背骨、椎間板、関節、黄色靱帯などで囲まれた

脊髄の神経が通るトンネルです。

年をとると背骨が変形したり、椎間板が膨らんだり、黄色靱帯が厚くなって

神経の通る脊柱管を狭くなり(狭窄)、

それによって神経が圧迫を受け、

神経の血流が低下して脊柱管狭窄症が発症します。

椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。

また背骨を後ろに反らすと脊柱管が狭くなり、

前に曲げると広がるので、間歇性跛行(はこう)が起こります。

診断と治療

X線(レントゲン)写真である程度は推測できますが、

より詳しく診断するためにはMRIや脊髄造影などの検査が必要となります。

下肢の動脈がつまって血行障害を生じた時にも似たような症状がおこりますので、

原因を正確に調べることが必要です。

上記の検査を神奈川脳神経外科クリニックにて行い、鑑別診断を行います。

AAAでは、診断・病状等踏まえ、

レントゲン写真をもとに、リハビリトレーニングを行います。

AAAでのリハビリトレーニング

腰部脊柱管狭窄症では、腰椎の動きが硬いことが多いです

また、腰椎以外の股関節や胸郭(肋骨)の動きが硬くなっていることが多く

この硬さが原因となり、発症してしまうことも少なくありません。

体幹の筋力強化も必要ですが、症状が強く出る原因を検査・評価し、

お一人お一人に合わせたトレーニングを行っていきます。

AAAで皆様が行っている内容の一部です

🟢パワープレートでほぐす

股関節周りや腰など硬くなっている筋肉をほぐしていきます。

🟢ストレッチマシンで柔らかくする

胸や肩甲骨の動きを大きくし、腰にかかる負担を軽減していきます。

🟢バイクトレーニングにて脚の運動

腰が丸まっている状態であれば運動が継続的に行えますので、

脚力に合わせた負荷にてバイクトレーニングを行っていきます。

🟢股関節周囲をしっかりさせる

股関節周りをしっかりさせることで腰への負担を軽減させていきます。

🟢パワープレートで弱いところの筋力強化をする

お一人お一人の姿勢や動きから、

弱くなっている筋肉をしっかりさせていきます。

🟢パーソナルケア・トレーニング

お一人ではなかなかできない運動やトレーニング、

また運動では取りきれない硬さをマンツーマンでスタッフが対応します(別途オプション)。

腰部脊柱管狭窄症を患っている方も、AAAには多く通われています。

お気軽にお問い合わせください。

あああ

無料体験をご希望の方はこちら

続きを見る

「胸郭出口症候群」 腕を上げるとしびれてくる!

つり革につかまったり、もの干しの時のように腕を挙げる動作で

腕のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲の痛みが生じます。

また、刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、

手の握力低下と細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。

胸郭出口症候群の病態像

上肢やその付け根の肩甲帯の運動や感覚を支配する

腕神経叢(通常脊髄から出て来る第5頚神経から第8頚神経と第1胸神経から形成される)と鎖骨下動脈は、

①前斜角筋と中斜角筋の間、

②鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙、

③小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部の後方を走行しますが、

それぞれの部位で絞めつけられたり、圧迫されたりする可能性があります。

その絞扼(こうやく)部位によって、

斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋症候群(過外転症候群)と呼ばれますが、

総称して胸郭出口症候群と言います。

胸郭出口症候群は神経障害と血流障害に基づく腕の痛み、

しびれを生じる疾患の一つです。

 

診断と治療

なで肩の女性や、重いものを持ち運ぶ労働者で、

前述の症状があれば、胸郭出口症候群の可能性があります。

胸郭出口症候群は以下の検査で鑑別ができます。

腕のしびれや痛みのある側に顔を向けて、そのまま首を反らせ、

深呼吸を行なわせると鎖骨下動脈が圧迫され、

手首のところの橈骨動脈の脈が弱くなるか触れなくなる、アドソン テスト。

座位で両肩関節90度外転、90度外旋、肘90度屈曲位をとらせると、

手首のところの橈骨動脈の脈が弱くなるか触れなくなり、手の血行がなくなり白くなる、ライト テスト。

また、同じ肢位で両手の指を3分間屈伸させると、手指のしびれ、

前腕のだるさのため持続ができず、途中で腕を降ろしてしまう、ルース テスト。

座位で胸を張らせ、両肩を後下方に引かせると、

手首のところの橈骨動脈の脈が弱くなるか触れなくなる、エデン テスト。

また、X線(レントゲン)検査で、第7ときには第6頚椎から外側に伸びる頚肋がないかどうか、

肋鎖間隙撮影(鎖骨軸写像)で、鎖骨や第1肋骨の変形により

この間隙が狭くなっていないかを確認することが必要です。

同様な症状を呈する頚椎椎間板ヘルニア、頚椎症、肘部管症候群

脊髄空洞症、腕神経叢腫瘍、脊髄腫瘍などの疾患を除外できれば、

胸郭出口症候群の可能性が高くなります。

上記のレントゲン検査を神奈川脳神経外科クリニックにて行います。

AAAでは、診断・病状等踏まえ、レントゲン写真をもとに、上記症状鑑別テストを行い、

症状発症に合わせてリハビリトレーニングを行います。

AAAでのリハビリトレーニング

胸郭出口症候群では、頚椎以外にも胸郭(胸)や腰の動きが硬いことが多いです

また、肩甲骨や腕の動きの硬さが原因となり、発症してしまうことも少なくありません。

体幹の筋力強化も必要ですが、症状が強く出る原因を検査・評価し、お一人お一人に合わせたトレーニングを行っていきます。

AAAで皆様が行っている内容の一部です

🟢ストレッチマシンで柔らかくする

胸や肩甲骨の動きを大きくし、腰にかかる負担を軽減していきます。

🟢パワープレートでほぐす

肩や腕まわりなど硬くなっている筋肉をほぐしていきます。

🟢バイクトレーニングにて脚の運動

足腰を鍛えながら、全身の血流の改善を図ります。

これにより、こわばっている首周辺の筋肉をほぐしていきます。

🟢体幹をしっかりさせる

股関節周りをしっかりさせることで腰への負担を軽減させていきます。

🟢パワープレートで弱いところの筋力強化をする

お一人お一人の姿勢や動きから、

弱くなっている筋肉をしっかりさせていきます。

🟢パーソナルケア・トレーニング

お一人ではなかなかできない運動やトレーニング、

また運動では取りきれない硬さをマンツーマンでスタッフが対応します(別途オプション)。

胸郭出口症候群を患っている方も、AAAには多く通われています。

お気軽にお問い合わせください。

あああ

無料体験をご希望の方はこちら

続きを見る

女子体操 🇯🇵 寺本明日香選手を応援します🎉 頑張れ!あすかちゃん!!

メディカルフィットネスAAAでは

2020年より寺本明日香選手(ミキハウス)を、ケアとトレーニングでサポートしています!

ああ

ああ

この2年間、寺本選手とは数えきれないくらいトレーニングをしてきました(笑)

ああ

トレーニングを始める前の2年前と比べると、驚くほど身体にキレがあるので、

先日、引退を表明されたときは、正直めちゃくちゃさびしかったです😭

引退表明されてから、AAAへトレーニングをしに来る寺本選手、

どんな感じで取り組むのか少し不安でしたが、

そんな不安はなんのその!!

表明前と全く変わらず、前を向いてひたむきに全力で楽しく取り組んでくれます!

ああ

AAAのトレーニングは、選手の弱点に対してテーマを決めて、

繊細な動きを要するものから、

かなりハードな体幹トレーニングまで幅広くチャレンジしてもらっていますが、

常に寺本選手は全力投球👍

身体の使い方を指導する者として関わらせていただいていた立場ですが、

いつからか、1ファンになってました(笑笑)

ああ

そんな私たちが寺本選手にできることは、

最後の着地の瞬間まで!

心の底から満足のいく演技ができるように!

やりきった! と笑顔でその瞬間を迎えられるように!!

ああ

全力でサポートすることに尽きます

ああ

ああ

寺本選手は、4月21日から開催される【第76回全日本体操個人総合選手権】に出場予定です。

ぜひ皆さん、応援してください!

ああ

ああ

ああ

頑張れー!あすかちゃん🎉

続きを見る