【Info.】認知症発症リスクは、2型糖尿病発症時の年齢が若いほど上昇か

 2型糖尿病の発症年齢と認知症のリスクとの関連が報告された。高齢になってから糖尿病を発症した人よりも、若い時期に糖尿病を発症した人は認知症リスクが高いという。 

 糖尿病患者は認知症の発症リスクが高いことが知られている。ただし、糖尿病の発症年齢との関連は、これまで明らかになっていない。

 Amidei氏らの研究は、英国で1万95人の参加者(1985~1988年の登録時に35~55歳、男性67.3%)を、2019年3月31日まで追跡。追跡期間31.7年の間に、1,710人の2型糖尿病発症、639人の認知症発症が記録されていた。

 非糖尿病者の70歳時点での認知症発症率は、1,000人/年当たり8.9人だった。それに対し、2型糖尿病を過去5年以内に発症した人は、1,000人/年当たり10.0人、過去6~10年に発症した人は13.0人、10年以上前に発症した人は18.3人だった。

 70歳の非糖尿病者に比較して、2型糖尿病を10年以上前に発症した人の認知症発症はHR2.12(95%信頼区間1.50~3.00)であり、有意にハイリスクだった。また、過去6~10年に発症した人はHR1.49(同0.95~2.32)、過去5年以内に発症した人はHR1.11(同0.70~1.76)で、2型糖尿病の発症時期が早いほど認知症のリスクが高いという関連が認められた(傾向性P<0.001)。

 認知症発症リスクに関連する臨床検査値、社会人口学的因子、健康関連行動を調整した解析では、2型糖尿病の発症年齢が5歳低いごとに、70歳時点での認知症発症ハザード比が1.24(同1.06~1.46)と、有意に上昇するという関連が明らかになった。

 著者らは、「追跡期間が中央値31.7年に及ぶこの縦断的コホート研究により、糖尿病発症時の年齢が若いほど、人生の後半での認知症発症リスクが有意に高くなることが示された」と結論をまとめている。

(Journal of the American Medical Association(JAMA)HealthDay News 2021年4月28日)

ああ

 つまり、特に若い時からの運動習慣と食生活が何よりも大事であることをさらに証明されたわけです。

ご自身の生活習慣を見直しながら、ご家族、お子様、お孫様の健康もそういった目線で関わっていただけますと、将来の安心材料が増えるかもしれませんね。

続きを見る

【Info.】新型コロナウイルス変異株を無力化する中和抗体を10日間で作成する技術 京大・広島大研究グループが開発!

 橋口隆生 ウイルス・再生医科学研究所教授、保田朋波流 広島大学教授、下岡清美 同助教、坂口剛正 同教授、岡田賢 同教授、溝口洋子 同助教、横崎恭之 同教授、西道教尚 同助教らの研究グループは、庄原赤十字病院および県立広島病院と共同で、複数種類の新型コロナウイルス変異株に結合してウイルスを無力化する完全ヒト抗体を10日間で人工的に作り出す技術を新たに開発しました。

 ウイルスに結合して無力化する抗体は中和抗体と呼ばれ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の特効薬として期待されています。新型コロナウイルス感染者の血液からウイルスに結合する抗体遺伝子をとりだして人工的に抗体を作り出す同様の技術はこれまでにも報告されていますが、高い中和活性のある抗体を取得するには多数の血液検体から候補となる抗体を作成し選び出すために時間と労力を要しました。

 本研究グループは目的とする抗体を保有する患者の特徴を明らかにし、作業工程を工夫することで、数名の患者から高性能な中和抗体を10日間で取得できるようになりました。またこれまで複数のウイルス変異株を無力化する中和抗体を作成する技術は確立されていませんでしたが、今回の技術を用いることで脅威となっている多重変異株にも結合する中和抗体を取得することに国内で初めて成功しました。

 これらの抗体は新型コロナウイルス感染症の治療薬として開発が見込めるとともに、今後新たな変異ウイルスが出現した場合においても迅速に中和抗体医薬をつくりだせるようになり、感染者の死亡率低下や感染の封じ込めにつながることが期待されます。 (2021/5/14 京大HP 最新研究成果より )

 新型コロナウイルスとの戦いも終盤戦というところなのでしょうか!?

これからのさらなる研究報告が楽しみです。

続きを見る

⭐️ FIT FOOD HOME × メディカルフィットネスAAA 🍱

みなさま、食事は運動と並行して健康維持のためにはとても重要な要素の一つです

メディカルフィットネスAAAは、食事指導の一環として、

FIT FOOD HOMEとパートナー契約を結んでいます。

ああ

⭐️⭐️  FIT FOOD HOMEはこちらをクリックしてください  ⭐️⭐️

会員登録時の招待コードに【 AAA01 】とご入力いただくだけで、

通常よりもお安くご購入いただけるクーポンが届きます

もちろんAAAでも購入可能です。

ご不明な点はスタッフまでご質問ください。

美味しく、身体もよろこぶ。

ああ

素材全て国産、調理法までとことんこだわり抜き、添加物も一切使用していない

FIT FOOD HOMEは、

手抜きご飯の一つとしてもご利用いただくだけで、

生活習慣病の予防減塩等や糖質制限等にもなります。

続きを見る

【Info.】 玄米・麦ご飯が糖尿病リスクを低下させる

 白米や白パンなどの精製穀物を食べ過ぎていると、心臓病や脳卒中などのリスクが上昇することが、21ヵ国の約14万人を10年近く追跡した研究で明らかになりました
 精製穀物を食べ過ぎていると、早期死亡のリスクが27%、心臓病のリスクが33%、脳卒中のリスクが47%、それぞれ上昇するといいます。
 「最適な健康状態を得るには、玄米や大麦などの【全粒穀物】を食べ、精製穀物を少なくすることが勧められます。炭水化物は質の良いものを選ぶことが大切」と、カナダのサイモン フレイザー大学健康科学部のスコット リア教授は述べています。

オススメは【全粒穀物(ホールグレイン)】

 【全粒穀物(ホールグレイン)】とは未精製の穀物のことです。

 未精製の穀類として、玄米、分つき米、麦ごはん、雑穀、ライ麦パン、全粒粉パンなどがありますが、このうち玄米は食物繊維、ビタミン・ミネラルなどを豊富に含み、とくにビタミンB1は白米よりも多く含まれています。

 精米(白米)よりも玄米を食べることで、食後の血糖上昇が抑えられます。これは、同量の炭水化物でも食物繊維等を豊富に含んでいるためです。

 研究グループ(Eating more refined grains increases risk of heart attack, early death(サイモン フレイザー大学 2021年2月19日))は、北米、南米、欧州、アフリカ、中東、南アジア、東南アジア、中国を含む21ヵ国で行われた、「前向き都市農村疫学調査(PURE)」のデータを利用し、コホート研究を行いました。

 PURE研究にした参加した13万1,370人を、16年以上追跡して調査しました。研究開始時の参加者の平均年齢は50.1歳で、男性が41.6%でした。

 その結果、精製穀物の摂取量がもっとも少ない(1日50g未満)群に比べ、もっとも多い(1日350g以上)群では、早期死亡のリスクが27%高くなり、心臓病のリスクが33%高くなり、脳卒中のリスクが47%高くなることが分かりました

 さらに、玄米や大麦などの全粒穀物については、健康への悪影響はみられませんでした。

【超加工食品】にも注意が必要

 一方で、「超加工食品」を摂り過ぎていると、心臓病リスクと死亡リスクが上昇するという研究も発表されています。

 「超加工食品」(Ultra-Processed Foods)とは聞きなれない言葉ですが、実は私たちの身のまわりにあふれている食品です。

 インスタント食品やファストフード、スナック菓子、高カロリーの清涼飲料などが典型的な超加工食品。

 米国糖尿病学会(ADA)によると、超加工食品とは「糖分、塩分、脂肪を多く含む、加工済みの食品。硬化油、添加糖、香味料、乳化剤、保存料など添加物を加え、工業的な過程を経て作られ、常温で保存できたり、日持ちを良くしてあることが多い。全粒穀物も最小限かまったく含まれない」。

 「平均的な米国人は、1日の食事のカロリーの半分以上を超加工食品から摂っています。超加工食品の消費は、世界中でますます増えています」と、米国のニューヨーク大学公衆衛生学部のフィリッパ ジュル氏は言います。

 「今回の研究では、1日の超加工食品の摂取量が増えるごとに、心臓病と死亡のリスクが高まることが分かりました。超加工食品を摂り過ぎないようにすることが大切です」。

 「プロテインバー、朝食用シリアル、工業的に生産されたパンなど、健康的と思われている超加工食品であっても、栄養表示をよく見ると、糖分、塩分、脂肪などを加えてあることが多いので注意が必要です」としています。

 

続きを見る

【Info.】運動不足は新型コロナウイルス感染症を重症化する

 運動不足の人が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に感染すると、より重症化しやすく、死亡リスクも高いことが、大規模な調査で明らかになりました

 研究成果は、医学誌「British Journal of Sports Medicine」にオンライン掲載されました。 

 新型コロナウイルスの流行に先立つ2年間に、運動不足の状態がずっと続いていた患者は、運動ガイドラインで推奨された運動をずっと続けていた患者に比べ、新型コロナの感染後に入院し、重症化し集中治療室での治療が必要となる可能性が高く、さらには死亡するリスクも高いことが明らかになりました。 

 新型コロナが重症化する危険因子として、運動不足はとても深刻で、これを超える要因として考えられるのは、高齢者であることや、臓器移植歴があることだけだといいます。

 ▼高齢であること

 ▼男性

 ▼糖尿病、肥満、心血管疾患などの基礎疾患があること

などが、新型コロナが重症化しやすい主な危険因子として知られています。 

 運動不足であることは、これらの危険因子には直接には含まれませんが、長期的に健康に影響するものとして関連が深く、運動不足は新型コロナを重症化する因子として重要だといいます。

あああ

Physical inactivity linked to more severe COVID-19 infection and death(BMJ 2021年4月13日)
Physical inactivity is associated with a higher risk for severe COVID-19 outcomes: a study in 48 440 adult patients(British Journal of Sports Medicine 2021年4月13日)

COVID-19と診断された4万8,440人を調査

 研究グループは、2020年1月~10月に、COVID-19と診断された米国の4万8,440人の成人患者を対象に、診断後の入院、ICU入院、死亡リスクなどについて調査した。対象者は2018年3月~2020年3月に、運動に関連した心拍や血圧などのバイタルサインの測定を3回以上受けていた。対象となった患者の平均年齢は47歳で、62%が女性、体格指数(BMI)の平均は31で肥満が多かった。およそ半数が、2型糖尿病、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、心血管疾患、腎臓病、がんなどの基礎疾患をもっていた。基礎疾患が1つだけの患者は18%、2つ以上もっている患者は32%だった。患者を、(1)運動不足(運動時間が週に0〜10分)、(2)中程度の運動(週に11~149分)、(3)運動習慣があり(週に150分以上)、運動ガイドラインの基準を満たしている、の3群に分けて比較した。運動習慣のある患者は約7%、運動不足の患者は約15%、その残りの患者は中程度の運動をしていた。運動習慣のある割合は、白人(10%)がもっとも多く、アジア人(7%)、ヒスパニック系(6%)、アフリカ系(5%)と続いた。COVID-19に感染した患者の約9%が入院し。約3%が重症化し集中治療が必要になり、さらに約2%が死亡した。

運動不足の人が感染すると死亡リスクが2.5倍に上昇

 解析した結果、ウォーキングなどの運動を週に150分以上する習慣があり、運動ガイドラインの基準を満たしていた患者は、COVID-19が重症化するリスクが明らかに低いことが分かった。運動不足が続いている患者は、運動習慣のある患者に比べ、入院が必要となった割合が2.26倍、集中治療が必要となった割合が1.73倍、死亡リスクが2.49倍にそれぞれ上昇した。さらに、運動不足の患者は、十分ではないにしても中程度の運動はしていた患者に比べても、入院が1.20倍、集中治療が1.10倍、死亡リスクが1.32倍にそれぞれ上昇した。

新型コロナから身を守るためにも運動が必要

 サリス氏は、「今回の研究は観察研究であるため、原因を特定することはできません」としながらも、「運動ガイドラインの基準を満たす運動を続けていた人は、新型コロナに感染しても重症化のリスクが低いことが明らかになりました」と述べている。「喫煙、肥満、糖尿病、高血圧、心血管疾患、がんなどの基礎疾患と比べても、運動不足は新型コロナを重症化させるもっとも強い危険因子であることが示されました。運動習慣を促進するための生活指導が、医療機関などでの日常の医療に組み込まれることが望まれます」としている。

 ウォーキングなどの運動には、「血糖が下がる」「血圧が下がる」「悪玉のLDLコレステロールが下がる」「中性脂肪が下がる」「善玉のHDLコレステロールが増える」「ストレス解消に役立つ」など、さまざまなメリットがある。一方で、新型コロナの流行にともない、多くの人が行動変容を強いられ、外出自粛やリモートワークの影響で、運動不足におちいっている現状がある。また、新型コロナのワクチン接種が開始されているが、ワクチンの数が不足しており、すべての人に行き渡るまでにまだ時間がかかる。

 「社会的距離を保つ、マスクを着用するなど、感染対策をしっかり行ったうえで、運動を習慣として続けることが、個人がこの感染症から身を守るために唯一できるもっとも重要な行動である可能性があります。新型コロナの流行により、運動をするのが困難になっている今こそ、そのことが多くの人に知られるべきです

続きを見る

順調🌸 トレーニングカレッジ🐢カメクラス

カメクラスが始まり、はや3ヶ月となりました🐢

会員様の中には、「カメ、やる?」なんて声も聴かれるようになり、

だいぶ溶け込んできたなと思います。

あああ

トレーニングカレッジの中でも「カメクラス」は、リハビリやトレーニングの基本をやっていきます🌸

普段やっている運動で不安の方、やり方が合っているのかわからない方、

ぜひ一度ご体験いただくことをオススメいたします⭐️

続きを見る

🎍 謹賀新年 🐮 2021 🎍

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

AAA

新年早々、新型コロナの影響により感染者が急増している状況ではございますが、

AAAは感染対策をより徹底して営業してまいります。

AAA

前回の自粛生活により、体力の低下や現疾患の増悪が顕著であった方が多く見受けられました。

このような時期でも、疾病予防や現疾患の治療、体力維持への時間は止まりません。

AAA

当施設は 「医療機関の運動療法施設」 です。

安心してご利用いただき、

しっかりと病気や痛み、体力の向上に向き合っていただけたらと思います。

AAA

当施設の感染対策は、以下の通りです。

AAA

   ・ 入館者の体温測定(37度以上の入館制限)

   ・ スタッフ・会員様のマスク着用の奨励

   ・ 10分おきの全フロア集中換気

   ・ 施設内アルコール消毒(適宜)

   ・ マシン消毒用アルコール配置

   ・ 手指消毒用アルコール配置

   ・ 空気清浄機配備 (オゾン発生装置・空気清浄機 他

   ・ 混雑時入館制限 (フロア10名まで)

AAAAAA

他、気になる点がございましたら、スタッフまでご相談ください。

検討させていただき、対応してまいりたいと思います。

AAA

本年も気持ちを新たに、スタッフ一同、

皆様の健康を全力でサポートさせていただきます。

続きを見る

【AAAトレーニングカレッジ 🏫】テキストがほぼほぼ完成!!

現在、モニターを募って開催しております

新スタジオプログラム【AAAトレーニングカレッジ🏫 】!!

テキストが完成に近づいております!!

あああ

あああ

大変おもしろい! これは受けないとダメね!!

とのお声をモニターの皆様から頂戴しておりまして、

大変嬉しい気持ちとともに、

もっと面白いコンテンツにしなくては!! と、

スタッフ一同スキルアップに励んでおります⭐️

あああ

あああ

【AAAトレーニングカレッジ🏫・カメさんクラス】

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております🌸

皆様にとってとても有益な内容になること間違いなしです!

続きを見る

新スタジオプログラム 【AAAトレーニングカレッジ🏫】

いつもメディカルフィットネスAAAをご利用いただき、誠にありがとうございます!!

おかげさまで、AAAも開設より早5年を迎えました。

皆様と一緒に成長できたこと、心より感謝申し上げます☺️

あああ

あああ

そして、AAAはまだまだ成長していきます。来月12月より新たなスタジオプログラムを開設いたします⭐️

その名も「AAAトレーニングカレッジ Physical Conditioning Method

あああ

カラダの痛みは、あなたにしか治せません。

私たち医療人は、そのお手伝いしかできないのです。

そのためにはお身体に合った痛みを軽減する方法、または予防する方法を知っていないとコントロールできないのです。

その方法を運動という形でたくさん覚えていただく!!

そんなコンセプトのスタジオプログラムです。

あああ

あああ

また、カラダの動かし方というのは、本当に奥が深いです。

そんなカラダの動かし方もどんどん提供していきたいと思っています。

あああ

カラダの動かし方をどんどん知って、カラダが軽くなることを想像してみてください🌸

カラダが軽くなった☺️! 

毎日が楽しい🤗! 

旅行や外出にたくさん行きたい✈️⛴!

トレーニングプログラムを通してそんな風に皆様が思っていただけるようになったら最高だな!と思っております⭐️

あああ

あなたの体は、あなただけのものです。

その身体と向き合ってみましょう!

あああ

ちなみにこのコンセプトで、トップアスリートの方もトレーニングを行なっています。

二人ともバーベルなど重りを持つことなく、自分の身体をコントロールすることに焦点を当てたトレーニングをすることで、動きがスムーズになり、痛みもなくなり、競技成績もアップしています。

ぜひ、彼らが取り組んでいるトレーニングコンセプトのプログラムを取り入れて、動きやすいカラダ、痛みのないカラダを手に入れましょう⭐️

あああ

まず、「カメさんクラス🐢」を開設します。

まずは本当に簡単にできる、いつもやっている運動を解説しながら丁寧に行っていきます。

是非チャレンジしてみてください。

aaa

あああ

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます⭐️

続きを見る